島根【松江・出雲】でたった1つの家を建てるための注文住宅ガイド

出雲市の給付金制度

シマーネの画像

子育て世代が出雲市に住むと、教育や医療はもちろん、家を建てる際にも助成金が出るよ。第3子以降に対する保育料も助成してくれる。子供が多いとそれだけ保育料もかかるから、子育て世代にはとてもうれしい制度だね。

市外に住んでいた人だけの特別な助成金もあるから、ほかの地域に住んでいた人でも気軽に移住ができるよ。さまざまな支援が取り揃えてあるから、いろいろな状況にある人にとって出雲市はお得な地域といえるね。

出雲市の子育て関連の独自の取り組み

乳幼児等医療費助成小学校就学前無料化

出雲市では小学校に入る前の子供に関して、通院・入院・薬局等の負担額を無料にする制度を導入しています。そのため、利用者側の負担が大きく減らせ、気軽に病院を利用することが可能。

多子世帯保育料軽減制度における第3子以降の範囲の拡大

出雲市では第3子以降の児童に対して、保育料を原則1/2に減額しています。保育所や幼稚園に同時に入所している場合の保育料は、2人目は基準額の半額3人目以降の児童は無料。子供が多いほど得する制度ともいえるので、大家族の方は注目してみるといいでしょう。

住宅建築・リフォーム時における子育て世代への優遇措置

市外に住んでいる子育て世代が出雲市で住宅を建築・購入・改修を行う場合、助成金がもらえます。特に人口が少ない地域に住む場合、助成金の上限が上乗せされるのでお得です。

乳幼児医療費助成(通院)対象年齢

乳幼児医療費助成制度では就学後だと区分が変わるため、通院での優遇措置が受けられなくなります。

乳幼児医療費助成(通院)所得制限

乳幼児医療費助成制度では、これといって収入制限を行っていません。そのため、多くの人がこの制度の恩恵を受けることが可能。

新築建設

出雲市移住促進住まいづくり助成金

出雲市移住促進住まいづくり助成金は出雲市が独自に行っている制度で、家を建てるとさまざまな優遇措置が受けられます。

  • 20歳以上で市外に住んで5年以上の方(転入後1年以内の方も含む)が定住すると、固定資産税や都市計画税相当額が5年間助成してもらえます。
  • 工事費200万円以上で市内に本店、もしくは営業所がある施工業者(個人事業主OK)を利用する必要があります。
  • 重点支援地域に認定されている場所、子育て世帯・新婚世帯が15万円/年、それ以外の世帯は10万円/年を上限に助成可能。
  • 重点支援地域以外は子育て世帯・新婚世帯のみが対象で、上限10万円/年の助成が受けられます。

併せて読みたい記事

このページの参照サイト:goo住宅・不動産「島根県出雲市のデータ」

性能・立地・デザイン 3つのポイントで比較!注文住宅メーカー3選 性能・立地・デザイン 3つのポイントで比較!注文住宅メーカー3選